【お役立ち情報】骨盤の歪みによって様々な悩みが生じる

一昔前と比べて骨盤が歪みやすい傾向にあり、どうしても今の人というのは姿勢の悪さや運動不足が目立っています。
なるべく早めに骨盤矯正を骨盤の歪みやそれに伴う症状を自覚してきたら、実践するようにしてください。
そもそも骨盤は姿勢の悪さや運動不足などの影響で歪みが生じてしまい、適切な位置を保つことが出来なくなってしまうのです。
正常な位置に骨盤が来ていなければ、女性の悩みである生理痛や便秘などといった症状を悪化させてしまうことになります。
身体の中でも骨盤は非常に重要な箇所であり、歪んてしまっている骨盤は改善してあげる必要があります。
骨盤枕や骨盤ベルトなど気軽に矯正出来るアイテムも発売されていますので是非ご利用されてみてはいかがでしょうか? いろいろな症状で悩んでしまっている方が今では骨盤の歪みが原因となって、多くいらっしゃいます。
自宅で骨盤矯正をすることも可能ですが、多くのエステでも骨盤矯正メニューがありますので利用してみても良いでしょう。

 



【お役立ち情報】骨盤の歪みによって様々な悩みが生じるブログ:2019年07月04日

健康的なシェイプアップを目指すなら、
規則正しい生活と、食事は適量で24時間3食が基本です。

食事は、腹八分目にするのが、
シェイプアップの為にも、健康の為にも良いことは当然です。

実際、食べ過ぎは胃腸に負担をかけますから、
シェイプアップでも、健康面でも、控えるべきですよね。

しかし、これに当てはまらない場合があり、
それは食欲が低下している場合と、怒りのストレスを感じている時です。

この2つの状態の時は、
シェイプアップというよりも、
基本的な24時間3食を見直した方が良いでしょう。

食欲が低下している場合や、怒りによるストレスがある時は、
食欲のコントロールが出来にくくなっており、
消化機能も衰えている為、食べ過ぎるリスクが高いからです。

しかも、その摂取した食事の栄養素の分解が、
自分の持っている消化・吸収機能を超えてしまうのです。

つまり食事の摂取と、栄養の消化・吸収機能のバランスが崩れ、
太りやすくなるだけではなく、場合によっては消化器のトラブルで、
身体を壊すこともあります。

このような時は、むしろ努めて少なめの食事を、
ゆっくりと摂るようにした方が良いでしょう。

食事ストレス解消なんてもってのほかですので、
思い切って食事をやめ、胃や腸の休息を取るようにした方が賢明です。

また、
自律神経のバランスが崩れている時も、
無理に24時間3食摂ることをお勧めできません。

腹がすいていないのであれば、
いつも働いてくれている消化器を休ませるつもりで、
自分が空腹を感じてから、
少しずつ食事を摂るほうが良いのです。

24時間3食きっちり摂ることができるのは、
すべての身体の機能が正常で、健康であるということが条件になります。


このページの先頭へ戻る