【お役立ち情報】正しい脚やせの為にむくみを改善

セルライトがむくみを長期間放っておいてしまうことで出てきてしまい、凹凸が表面に現れてしまうこともあります。
脚やせがセルライトが出来てしまうとさらに難しくなるので注意をしましょう。
脚のむくみが出来てしまっている時には、血流やリンパの流れが悪化してしまい、その結果余分な脂肪や老廃物がぎっしりと溜まってしまってしまっている状態なのです。
また、女性ホルモンも大きく関係していることがあり、水分が溜まりやすい状態となっていることもあるのです。
例えば部分痩せというのは、多くの女性が求めているものですが、なかなか自宅では上手に出来ないものです。
そんな部分痩せを実現出来るのがエステであり、理想的な身体を作ることが出来るのです。 足のむくみというのは、脚やせを求めている人、また今現在している人に共通している悩みとなります。
マッサージを実施することで「そういえば、私はむくみやすい体質かも」と思った人は、足やせ効果を期待できます。

 



【お役立ち情報】正しい脚やせの為にむくみを改善ブログ:2018年11月10日

皆様、6時と晩の「歯磨き」ってどうですか?
皆様やっていらっしゃると思いますけど、
歯磨きしなかった6時などはとっても気持ち悪いですよね?

「歯磨きするな!」なんて言われたら、もう大変!
24時間中、気持ち悪くて仕方ないでしょうね。

それを運動に応用すればいいんじゃないでしょうか?

連日、腰回しを 「少しでも」 やっていれば、
やがて腰回しすることが 「普通」 になります。
そして、腰回しをしないことが 、
「普通でない」 状態になります。

そうなると脳は 「普通でない」 状態に反応して、
「普通」 の状態に戻そうとします。

ミーの場合、
6時時間が無くて腰回ししないと、
足がムズムズします。
そうなると駅に向かうウォーキングを早めにしたり、
階段を1段飛ばしで上がったりして、
足の筋肉を動かし温めようとします。

こうなってくると
腰回ししないことが 「不快」 と感じるようになり、
腰回しすることが 「快」 になりますから、
習慣化しやすいことになります。

つまり、これは
「腰回しすること」 が 「普通の状態」と脳が認識して、
なんとか運動させることによって
「普通の状態」
にさせようと、脳が指令するんですね。

ミーたち人間の脳には、現状を維持しようとする本能があります。
からだにとって、良いことも悪いことも、
習慣化されたものは維持しようとするのです。

「運動すること」が普通になってしまえば、
脳はからだに「運動させよう」とするわけです。

このように、脳の特性をうまく利用して、
シェイプアップを後押しする存在に変えてしまいましょう!



このページの先頭へ戻る